V2H

災害時の停電。あなたや、あなたの周りの大切な人達は大丈夫ですか?

地震や津波、豪雨。近年でも自然災害によるライフラインの寸断、復旧作業の大変さを目にすることがあると思います。電気が使えなければ、冷蔵庫、空調機、スマートフォンなど私たちの身の回りに当たり前にある便利な生活は実現しません。

停電や自然災害は、いつ起こるかわかりません。また起きてからでは遅いのです。ご家庭用に、病院などの施設に、オフィスの非常用電源に、確かな備えは必要不可欠です。

Sample

Sample


Sample


Sample


毎日の生活の中で、当たり前に使っているスマートフォンやパソコン、冷房・暖房、冷蔵庫…急な停電が起きてしまえば、全てが使用できなくなってしまいます。すぐに電気が復興するとは限らず、不便で不安な生活を余儀なくされることが、想定されます。

こんな時、どうしたら…

夜ためて、昼に使える!停電時は電気自動車から電力を使用。V2Hがあれば、もしもの時に備えられます!

災害によって、電力・ガス・水道などのライフラインが寸断された際、電気自動車は移動手段としてだけでなく、ご家庭や避難所への電源供給にも使うことができます。一般家庭の約2〜4日分の電力をまかなうことができます。万が一災害などで停電した際は、V2Hで電気自動車に蓄えた電気を使うことができます。

ためる

電力のピークシフトに貢献。一日のうちでも、電力需要は大きく変化します。
夜、特に深夜は電力需要が少ない時間帯です。リーフをはじめ電気自動車の多くは、この時間帯に充電されています。安い夜間電力を使わない間に充電し、昼間は家で使うことで、かしこく電気料金を抑えることができます。

つかう

EVパワー・ステーションならEVへの充電だけでなく、EVから家庭への放電(給電)が可能。さらに系統連系により、EVから放電(給電)しながら、不足分は電力会社の電力も使用することができるので、EVに蓄えた電力をムダなく活用できます。

V2Hの5つのメリット

家庭用の200Vコンセントに比べて充電時間が短い

V2H機器を使えば、充電時間は200Vコンセントの半分。「電気自動車に乗ろうと思ったときに十分に充電できていなかったらどうしよう……」という心配を減らすことができます。

電気料金の節約に貢献

日中に車に乗る方の場合は、電気料金が安くなる深夜料金で充電することができます。もし日中外出しない場合は、夜間にEVに蓄えた電気を家庭用電源として使用するれば、大幅な電気代の節約が期待できます。

停電時にバックアップ用電源として機能します

夜間に停電した際は電力会社の給電や太陽光発電の電力が利用できなくても、自動車に蓄えた電力を蓄電池代わりとして家庭で使えるので安心です。

一般的な蓄電池と比べ、電気自動車の電池容量が大きい

一般的な家庭用蓄電池は4~12kWhの容量であるのに対し、電気自動車は10~40kWhと大容量。より長い時間、電化製品を使用することができます。

平均的な家庭における試算値であり、保証値ではありません。
 ※1スタンダードモデルでは停電時に200V機器を使用できません。100Vエアコンであれば使用できます。